周りの理解は必要不可欠です。

専門の医師に相談しよう

落ち込んでいる気分が続く、眠れない、食欲不振、何をしても楽しくない、このような状態が継続しているのならうつ病が疑われます。うつ病は誰にでも起こり得る病気で、さまざまなストレスが重なることで発症する場合が多いです。うつ病を発症すると常にネガティブな考えに支配されてしまい、自分自身をも否定するような状態になり精神的にも追い込まれていきます。しかし、専門家による的確な治療をすれば十分回復も可能な病気です。

うつ病を本人が自覚することは難しいでしょう。うつ病診断の一般的な目安は、気分の落ち込みが2週間以上続くことだといわれています。それに加えて疲れやすい、身体がだるいなどの身体的な症状もあらわれます。表情が暗い、反応が遅いなど、周囲の人が感じ取れる変化もあります。このような症状が続いたらまずは専門医に相談することが大切です。

治療には周囲のサポートが必要

医療機関でうつ病と診断されると、一般的には抗うつ剤での治療が開始されます。また問診によって原因をつきとめ、それを取り除くようにし、さらに精神療法的な治療も行います。それらの治療の継続は本人だけでは困難なため、周りの協力が不可欠だといえます。ですから、きちんと薬の管理をし、処方された量や回数を守れるように家族がサポートしましょう。勝手に薬の量を減らしたり止めたりすると思ったような効果が得られず、医師は薬の増量や変更を検討することになります。回復のためには医師と相談しながら薬をきちんと服用することが何よりも大切です。

また、うつ病には休養が不可欠なため、長期間会社や学校を休むこともあります。その場合でも家族は焦らずにゆっくりと休ませるようにしましょう。なるべく患者の気持ちに寄り添い、否定的な態度や過度に励ますようなことは避けることが大切です。